Handicapped
障害をチャンスに変える

障害を持つ人
の働き方

人と同じ必要はない、障害を最大のチャンスに変える。

日本はアメリカやヨーロッパの先進国にくらべると障害をもつ人の

雇用に関する対応がとても遅れています。

その原因の一つが日本の働き方にあります。

人と同じ必要はない働き方

障害をもっているというだけで仕事を勝手に決められて自分のやりたい仕事ができない!

そう思っている方も多いと思います。

近年は理解ある企業も多くなってきましたが、海外にくらべるとまだまだ少ないのが現実です。

「人と同じ仕事をしなくていけない」と思うのはやめましょう。

現在はさまざまな働き方が存在します。

障害を持っていても自分のやりたい事を仕事にできます。

まずは自分のやりたい仕事を考える。

障害を持っている方には生まれつきの方と事故や病気で障害をもってしまった方がいます。

まずは今の自分に出来ることだけを考えるのではなく

何がしたくてその仕事をするにはどうしたらいいか?を考え

可能な方は技能スクールや大学で学ぶ事がベストですがそれが出来ない方もおられます。

3月から各地域で障害を持つ方を対象にした働きかた教室を開催しますので是非御参加下さい

起業も視野にいれた働き方を考える

日本の企業において障害を持つ方が働ける環境を整えている企業はまだ少数です。

無理をして就職をするより自分で起業するのもひとつの選択だと思います。

自宅で出来る仕事や家族の協力で出来る仕事も

いまは選択が色々ありますので、

選択のひとつにしてみてはいかがでしょう?

障害があることはデメリットでは有りません。

障害をチャンスに変えてみませんか?

HATALABOは障害を持つ方に新しい働き方を

これから提案していきます。